波乱万丈!!よっちの普通の日々

何気ない普通の日々と世の中の関心事を中心に書いてます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最近見た映画あれこれ・1  

そういえば、誰も得しない中途半端な映画レビューとかもやってたなあ・・


っつーことで、今年3ヶ月間で観た映画を幾つかピックアップ

最近はゆっくり映画観る時間がないんだけど、
劇場で観たやつと、TUTAYAでレンタルして観たちょっと古いやつをごちゃ混ぜで印象に残ったのを数本。
なんの参考にもならないレビューですお^^



★ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

トムクルーズは好きでは無いんだけど、このシリーズは好きなので、劇場で観てきた。
まずは、オープニングを見てすっげーワクワクした。
オープニングの映像とあのスパイ大作戦の曲がベストマッチして鳥肌たちました。
あれだけでもまた観たいw

内容はというと、やっぱりミッションインポッシブルでした。
次々出てくるスパイグッズと悪者との駆け引き、そしてアクション。
エンターテイメントとしては極上かな。

見所はドバイの高層タワーをよじ登る場面。
単純な俺は結構ハラハラだったけど、
もっと高さがわかるような演出やカメラワークがあれば、俺失神してたかもしれんw惜しい!
この他にも、イーサンの常人離れしたアクションが豊富で飽きさせません。
単純に、面白かった^^

不満な点を挙げると、今回はどうも悪役がぱっとしない点。
こういうの悪役って大事だよね。
2や3の悪役って結構印象に残ってて、特に3は悪役のお陰で最後までハラハラドキドキでした。
今回は悪者との駆け引きが少し弱い気がしたなあ。。。

ところで、ロシアの女の殺し屋が出てくるんだけど、かわいかったw
ベビーフェイスなのに、冷酷な殺し屋っていうギャップが萌え~
でも結構ストーリー上重要なキャラなのに、あっさりと死んでしまいます。
もったいない・・



7よっち




★ドラゴン・タトゥーの女

スウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」をデビッド・フィンチャー監督がハリウッドリメイクしたミステリーサスペンス。

本家のスウェーデン版は3部作になっていて、俺は過去に観賞済み。
今回は1作目のドラゴン・タトゥーの女をハリウッドリメイクしたようです。
デビッド・フィンチャー監督ということで、期待して劇場に足を運んだんだけど、
ストーリーの分かり易さ、寒々としたスウェーデンの風景、美人ではないが感情移入できたリスベット役の女優等・・
全てにおいて本家スウェーデン版の方が上だと思った。
てか、スウェーデン版って結構質が高いです。
なにもハリウッドでリメイクする必要は無かったのでは??

でもスウェーデン版を観てなくて、ハリウッド版が初って人はかなり楽しめると思います。
デビッド・フィンチャーの手腕が光っていて、これはこれで良作。
ゆっくりと話が進む本家と違い、こっちは一気に最後まで見せる感じ。
そしてラストは少し切なく・・
ああ・・リスベット;;

間違ってはいけないのが、この映画の殺人事件の犯人を捜すという部分はミカエルとリスベットが出会う為のものであって、本流は社会に上手く適合できないリスベットという女性の物語なのです。

結局、本家もリメイクも両方面白い^^



8よっち




★モールス

リメイク繋がりで、こちらもスウェーデン映画のハリウッドリメイク。

本家はスウェーデン製ホラーの「ぼくのエリ 200歳の少女」
これもオリジナル版は過去に観賞済みです。

ほぼ完全コピーで、オリジナルの完成度が高いだけにリメイクする必要があったのかとw
ハリウッドもネタが無いんですかね・・
ハリウッド版の方が少し残酷表現がきついです。

ホラーといっても、12歳の少年少女の切ないラブストーリーでした。
少女がヴァンパイアである為、少年と接するときは殆ど夜とかの暗い場面で、
これに北欧の寒々とした景色が重なって、終始ダークな白と黒の世界。
しかも他の重要人物以外はほとんど顔が出ないので、この2人に集中して見ることができました。


この少女と暮らしていた年配の男性がいるんだけど、
フムフムそうか・・こうやって少女は200年間生きてきたんだなあと。
そしてこの少年もいずれこういう運命になるのかと。
切ないねえ・・

ヴァンパイアの少女役にはヒットガールのクロエ・モレッツちゃん。
かわいいですな^^

でも、オリジナル版の少女役やってた人のほうが、この役には断然合ってます。



6.5よっち
(0.5はクロエちゃんにw)




★アフロ田中


邦画は殆ど見ないんだけど、原作の漫画が大好きだったので、見に行っちゃいました。

まずは原作の漫画。
高校、中退、上京、さすらいと全シリーズ読みました。(さすらい編は連載中)

田中くんの何気ない日常のエピソードなんだけど、
男子なら、わかるわかる!っていう話ばかりで面白いです!
田中君に共感しない男子はいないと思う!
なので、逆に女性にはお勧めしないw


で、映画版。

主演の松田翔太、いいです。
田中君を見事に演じてるw
(少しアフロがでかすぎる気もするが)

松田翔太ってドラマのドンキ・ホーテもそうだったけど、こういうコメディタッチの3枚目役が似合ってるよね。
かなりのイケメンなんだけどなあ・・
ひとつひとつの仕草がなぜか笑ってしまう

あと佐々木希はかわいいとw


俺は凄い面白かった!
けど、それは多分原作を読んでいたからだと思う。

原作知らなかったら、そんなに面白くないかもしれん。

まあ、結論を言うと、
TUTAYAのレンタルで十分かとw



6よっち




おまけ


★ゾンビ・ストリッパーズ

昨年見た映画なんだけど、友人の島智くん大絶賛のB級エログロホラー。

ゾンビのウイルスに感染した兵士が違法ストリップクラブに逃げ込み、ストリッパー達が次々にゾンビになっていく。
ゾンビになれば、人間離れしたポールダンスが踊れて客から拍手喝采の人気嬢になれるので、
「私も噛んでゾンビにしてー!」
と、結局ストリッパー全員がゾンビになるというw
ゾンビになると次第に腐敗が進み、最後は全員グダグダのグチャグチャ

くだらねーーww

怖くもないしエロくもない
くだらなすぎて笑ってしまった

時間がもったいなかったw

でもこういうB級映画ってなぜか好きw



(おっぱいがいっぱい出てくるので、+1よっちで)
2よっち




うーん
まだまだあるんだけど、きりがないので今回はこの辺でおちまい。


次回は「ヒューゴの不思議な発明」「ゴーストライター」あたりを書きたいと思います。


スポンサーサイト

category: 今日の一本(映画の話)

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

うむうむ
 
ゾンビ・ストリッパーズ 見たのねw
想像を超えるつまらなさだよねw


じゃ 次は ゾンビハーレム 見てみて


これはかなりおもろいよw

ショーンオブザデッドを 超えるかもw

はやく SPEC見に生きてー

初 #- | URL
2012/04/03 13:43 | edit

No title

島智くんは、春一番に似ております。

よっち #- | URL
2012/04/04 10:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yocchioshidashi.blog47.fc2.com/tb.php/517-7ff9e53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふぉろ~み~

カレンダー

プロフィール

最新記事

Comments

カテゴリ

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

2011/11/08~

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。