波乱万丈!!よっちの普通の日々

何気ない普通の日々と世の中の関心事を中心に書いてます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今日の一本(ベンジャミン・バトン)  

やあ!
俺よっち!!

映画レビューの記事はアクセスが全く伸びない事が判明しました!!
やっぱみんな興味ないのね・・
いいもんねー自己満足なんだからーー
ひっそりコツコツ続けてやる!!


んなわけで今日は

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」


これねー
今まで何度も観ようと思いつつも、時間が長いってーことで観てなかった映画
だって2時間40分くらいあるんだもの
長い映画は苦手なんです・・


80歳で生まれ、歳を重ねるごとに序々に若返り、0歳で死ぬというベンジャミン・バトンという男の人生を描いた映画
ヒューマンドラマ?というよりある意味ファンタジーに近いかな?
ありえないからね

主演はブラッド・ピット



黒人夫婦の家に捨てられていた生まれた直後の赤ん坊。顔は老人のようにシワだらけ、目は白内障で見えず、耳も聞こえない。身体の器官が全て老化していて、すぐに死ぬと医師に診断される。
それはまさにもうすぐ寿命で死ぬ老人。

この赤ん坊(ベンジャミン)をこの黒人夫婦が育てていくんだけど、赤ん坊はここから若返っていくわけなので、すくすくと育っていきます。

ベンジャミンが子供の頃(っていっても外見は70位の老人ですが、中身は子供)に出会った少女デイジーとの愛を描きつつ、周りの人は老いていく中ベンジャミンだけがどんどん若返っていくという数奇な人生を描いていきます。

まあ、数奇な人生といっても、その特別な身体以外は普通の人生。
しかも長編のヒューマンドラマなので、飽きっぽい俺が最後まで観れるかなあと思ってたんだけど、
ベンジャミンの日記を元に各エピソードを回想で振り返る描き方だったので、最後まで飽きる事なく観れました。
「フォレストガンプ」に似た感じです。

そういえば、ベンジャミンとデイジーの関係も
フォレストとジェニーみたいだったな。


ベンジャミンとデイジーの年齢(身体も心も)が重なる時間はほんの一瞬で、その後はデイジーは老いていき、ベンジャミンは若返り青年になっていく。
そして最後は老婆となったデイジーに抱かれながら赤ん坊まで若返ったベンジャミンは死んでいく。何もかも忘れて・・

周りの親しい人たちが老いてシワだらけになる中、自分だけ若返っていくってどいう気持ちなんだろ?

感動巨編ぽい感じだけど、泣ける所はありませんでした。

でもなんだか、ジ~ンと心に染み渡るんだよね
あ~最後まで観て良かったな~と
そんな感じの感動でした。


副題に「数奇な人生」ってあるけど、
これは多分主人公だけの事ではなくて、

ベンジャミンを育てた母
実の父親
ベンジャミンを愛したデイジー
ピアノを教えてくれた老婆
雷に7回打たれた老人
夢をあきらめたが最後にかなえた婦人
マイク船長

この人達みんなが数奇な人生を歩んでおり
つまるところ、どんな人でも人生は波乱万丈で数奇なんだよーってことだと思う。


この映画を見てなにを感じるかは人それぞれだけど、

やっぱ、愛する人と一緒に歳をとり、一緒に顔にシワを作り、そして一緒に老いて死んでいく。
ま、当たり前のことなんだけど、これって素晴らしいことなんだなーーと


うわーー
俺としたことが柄にも無い事書いてしまったーー(ハズカシー)


少し納得いかない所もあるけど
オススメです

8よっち(10よっち満点)


スポンサーサイト

category: 今日の一本(映画の話)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yocchioshidashi.blog47.fc2.com/tb.php/380-02711a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふぉろ~み~

カレンダー

プロフィール

最新記事

Comments

カテゴリ

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

2011/11/08~

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。