波乱万丈!!よっちの普通の日々

何気ない普通の日々と世の中の関心事を中心に書いてます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

はじめてのペット火葬  




ウ~ム・・・
俺が書いた下手っぴな字が全てを台無しにしてる気ガス(・∀・)


ペット火葬の知識が全く無くて、ネットで色々調べても、どの業者がいいのかさっぱりわかりませんでした。
怪しいところには頼みたくないし。

車に火葬する機械を積んでその場で火葬してくれるデリバリー火葬みたいなのが多いですね。ちょっとびっくりです。
安く済むみたいだげど、なんか嫌だなぁこういうの。

結局、よくわからなかったので、職場の人に聞き込みをしてお勧めの斎場を教えてもらいました。
でも、教えてもらった時の言い方がちょっとね・・

「ウサギ焼いたんだけど、しっかり焼けてたよ」

焼けてたよってあんたね
なんか、ちょっとおいしそうじゃないか
まぁちゃんとやってくれたそうなんで、そのお勧めの斎場でやってもらいました。

電話予約の時に
「個別ですか?合同ですか?」って聞かれて
よくわからなかったので、とりあえず全部やってもらおうと思って
「両方お願いします!」と謎の返答をしてしまい、
電話の向こうの人が「は?(何言ってんだお前)」って言ってた。

説明を受けると、個別火葬はポポだけ火葬で遺骨も拾えて返してもらえる。
合同火葬は他のペットの遺体数体をとまとめて一気に火葬してしまう。もちろん遺骨が混ざるので返してもらえずにそのままどこかに埋葬される。
らしいです。

そ、そうなのか・・知らなかった


遺骨は絶対に拾ってあげたかったので、立会個別火葬っていうのをお願いしました。
ちなみに料金は24800円でした。高いのか安いのかようわからんけども。


お願いした斎場はお兄さんがひとりで運営してるとても小さな斎場でした。
一組ずつ対応してるそうです。
第一印象は、「え?ここ?だ、大丈夫かなぁ・・」でした。

でも、このお兄さんがとってもいい人。
この人も猫を飼っているので、ポポの話を親身になって聞いてくれて、一緒に悲しんでくれました。
事務的な対応じゃなくて好感触。

一組ずつ時間をかけて丁寧に対応しているようで、最後のお別れも時間をたっぷりくれたし、遺骨も詳しく説明してくれました。
花とフードは一緒に入れてもいいそうなので、ポポが好きだったフードをいっぱい入れてあげました。
ポポ、ずっと何も食べれなくてお腹空いてたもんね。

火葬が終わるまでの1時間、待合室でお兄さんの飼い猫と遊んでました。
元野良の真っ黒の猫。
野良だったのにとても人懐っこくてかわいかったですよ。



しかしまー猫の骨って小さい。
尻尾の骨なんか箸でつまめないし。
でもがんばって殆どの遺骨を自分達で骨壷に収めました。指がつりそうになったけども。

ところで、ポポの骨を拾ってる時にあることに気が付いたんです。
去年母親が亡くなりました。その前は祖母が亡くなりました。その前は父親・・・
なんか・・毎年骨拾ってるな・・俺・・・(´Д`)


んなわけで、ポポの火葬は無事におわりました。
丁寧な仕事をしてくれた斎場のお兄さんに感謝です。
お骨はしばらく家に置いといて埋葬方法はこれからゆっくり考えます。


ポポのようにペットとして飼われてた動物たちは丁重に供養されるのに、
保健所では毎日のように多くの犬猫が殺処分されてゴミのように捨てられてる現実。
なんか複雑な気分です。
まぁ人間の世界も同じですけどね。


ポポは短い生涯だったけれど、最後まで愛されて死んでいきました。死んだあとも泣いてくれるひとがいる。
それだけでもポポは幸せだったんじゃないかな。

うん、そう信じよう!







スポンサーサイト

category: メリルとヴェルとポポの普通の日々

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yocchioshidashi.blog47.fc2.com/tb.php/1073-3ea00d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふぉろ~み~

カレンダー

プロフィール

最新記事

Comments

カテゴリ

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

2011/11/08~

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。