波乱万丈!!よっちの普通の日々

何気ない普通の日々と世の中の関心事を中心に書いてます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

フォースの覚醒  


本日はお参りに行ったあとに
話題の「スターウォーズ フォースの覚醒」を見てきました。

率直な感想は

超面白かった!
もう一回みたい!


今回からジョージ・ルーカスは関わってないそうですが、

「遠い昔、はるか彼方の銀河系で… 」のあとに
「ジャーン!」と始まるいつもの音楽
あーこのオープニング
これは間違いなくスターウォーズだ 
この瞬間からもうワクワク
エピソード4~6を小学生の時に見たあのワクワク感が蘇ってきた感じ。


ネタバレになるので詳しくは書きませんが、
歳をとったルーク、ハン・ソロ、レイア姫がそのままのキャストで登場したのにはファンには涙ものです。
(マーク・ハミルって、現役だったのね・・)
ファルコン号が飛び立ったときは鳥肌がたったなぁ
R2-D2もC3POも登場
新ドロイドのBB-8がかわいかった


今回は女性が主人公です。
でも結局、この強いフォースを持ってる主人公の正体は謎のまま

大体想像はつくけど、終わり方からして次作で明らかになりそうです。
なんか色々と謎のままで終わってしまいました。
こりゃ次回作も絶対に見にいかねば!(2年後だそうですが・・)

エピソード1~3のようなCGバリバリな派手な映像ではなくて、4~6に違い映像です。
なので4~6の続編として違和感なく見れました。
1~3はちょっと派手すぎたよね。

ストーリーのテンポが良くて終始飽きること無く一気に見終わってしまいました。
これぞエンターテイメントって感じです。
深い事は考えるな!です。

俺が前から疑問に思ってた
「いくらアナキンの息子だからって、たいした修行をしてないルークがあんなに強いのはおかしい」
はもう忘れます。


こんどは4Dでもう一回見に行きたいなー



あ、ちなみに嫁さんの感想は
「いまいち」だったそうです(;´Д`)

スポンサーサイト

category: 今日の一本(映画の話)

tb: 0   cm: 0

寄生獣を観てきたよ  


映画版「寄生獣」を観てきました。
かなり面白かったです。
原作の漫画は中学生の頃に読んでて、今でもたまに引っ張り出して読む程大好きです。
全10巻ですが、何回も読みすぎてもうボロボロw

ハリウッドで実写化を断念したそうですが、寄生生物の表現がかなりよく出来てましたね。
顔が割れるシーンとかもう自然で日本映画でもここまでできるようになったのか〜と。
欲を言えば、ミギーや寄生生物のCGがいかにも作り物っぽい感じがしたので、もう少しリアリティが欲しかったかな。

ストーリーは映画用にかなりアレンジされてるんだけど、原作のポイントを抑えつつ、うまくまとめてるなと感心しました。台詞回しとかもできる限り原作通りにしようという感じが伝わってきた。
テーマがしっかりとした作品なのでただの娯楽映画にだけはなって欲しく無かったですね。
これもしハリウッドで映画化されたら、ここまで原作を追わなかったでしょうね。舞台がアメリカのハイスクールになったりしてたぶん殆どオリジナルストーリーとかになってたような気がする。
でもカナは登場しなさそうで残念。

残酷シーンはほどほど。
原作をそのまま実写化したらかなりグロいですからね。
あの島田の暴走シーンでは女子高生が真っ二つにされたり、廊下に死体の山があったりとかなり頑張ってたけど、これ以上やるとR15以上とかになっちゃうからしょうがないかなと。

阿部サダヲのミギーはコミカルすぎてちょっと違うな〜。
どちらかというとアニメ版平野綾の淡々と無機質にしゃべる方が知的なミギーに合ってるような気がして俺は好きです。
ラストには最強の敵、後藤も登場。
あの後藤の全身寄生生物の表現をどうやるのか、後編が非常に楽しみです。

ストーリーとしてはちょうど今放送してるアニメ版と同じ所で前編が終了しました。
後編が来年4月だからアニメ版の放送が終わった頃に公開っぽいですね。

ちなみに「寄生獣」って、寄生生物の事じゃなくて地球を蝕む(に寄生する)人間の事を指してるんですよねこれ。





category: 今日の一本(映画の話)

tb: 0   cm: 0

るろうに剣心見てきたよ  

るろうに剣心伝説の最期編を見てきました。


突っ込み所は満載でして、
十本刀は出さなくてもよかったんじゃないかと思えるほど雑魚級の扱いで、宗次郎の過去のエピソードもないから剣心と戦ってる最中にいきなりイライラしだしてしまいには発狂しちゃって。これ原作を知らない人はわけわかんないだろうなと。
まあ尺の問題で仕方が無いんだろうけど、宗次郎の扱いはもっと丁寧にしてほしかったな。
結局蒼紫はよくわからない存在だし。

序盤〜中盤にかけての修行のシーンが長すぎていきなり退屈。
邦画によくあるダラダラ感。
つか師匠がいちばん強いんだから師匠がと志々雄戦えばいいいんじゃね?とか身も蓋も無い余計な事を考えてしまうほど退屈でした。

でも終盤は楽しかった。
志々雄役の藤原竜也の鬼気迫る演技が凄すぎて完全に佐藤健を喰ってましたね〜。
剣心を含む4人を同時に相手にしてもなぎ倒す圧倒的な強さ。
刀から炎が出る演出も迫力があって原作をちゃんと再現してました。
でも天翔ける龍の閃きの演出はちょっとあっさりしすぎで少し残念。
1回転して空間に歪みを作って相手の自由を奪って・・とか原作通りの無茶な演出を期待してたんですけどw

あと、伊藤博文がよくわからなかった。
砲撃で剣心を殺そうとしたり最後に敬礼したり。

終わってみればかなり満足できる映画でした。
特に終盤は迫力満点でこれだけでも見る価値ありかと思います。

category: 今日の一本(映画の話)

tb: 0   cm: 0

auスマートパスが最高です!るろうに剣心も  

嫁さんが「るろうに剣心が見たーい」と言い出したので、トランスフォーマーが見たいんだよなあ~と思いつつ見に行ってきました。

「るろうに剣心 京都大火編」

映画館で邦画見るなんて何年ぶりだろうか 。
るろうに剣心はアニメ版をテレビで数回見た程度だけど、大体の登場人物とストーリーは知ってます。
ちなみに実写版の前作は見てません。
まあ漫画の実写版なんて全然期待してませんでした。特に邦画だし、どうせ子供騙しの貧乏臭い仕上がりなんだろうなと思ってました。

ところが、

これがなかなか面白かった。

邦画にありがちな貧乏臭さがあまり感じられないし、アクションシーンがスピード感があって出来が素晴らしい。
特に剣心と宗次郎のチャンバラシーンは面白かった。これはもう一回見たい。
相変わらず佐藤健の演技は台詞棒読みで下手くそだけど、それを帳消しにするくらいアクションシーンの演技が良かった。佐藤健かっこええ〜なんて思ってしまったり。
制作費30億円らしいけど、これはかなり本気で作ってるなと感じる出来でした。
これは2部作になってて、最後は福山雅治演じる比古清十郎が登場して今回は終了。
む!続きが見たい。
続編の伝説の最後編は来月公開なので絶対見に行きますw。


ところで、今日映画館に行って始めて知ったんだけど、auスマートパスに入会してるとこんな特典が!!



ユナイテッドシネマとシネプレックス限定ですが、
月額401円(税込)のauスマートパスをオプションで付けるだけで、土日以外の月〜金と祝日は2名まで1100円で映画が見れます。
何回見ても1100円。
月額401円なんて1回見に行けば元が取れます。
今までは少しでも安くしようとレイトショーで見たりレディースデーや会員デー狙ったりしてたんだけど、これは土日以外ならいつでもスマホの画面見せるだけで1100円。
嫁と合わせて2200円。安い!!

これは素晴らしい!


auスマートパス神すぎる。

category: 今日の一本(映画の話)

tb: 0   cm: 0

アメイジング・スパイダーマン  


「アメイジング・スパイダーマン」

見に行ってきた。



スパイダーマンは子供の頃から大好きで、俺が幼稚園に行ってた頃かなあ
アニメやってたし、たしか日本版のドラマもやってたなw
いつも見てた^^

サム・ライミ監督の前3部作は全部劇場で観て、さらにDVDまで買ってしまう程スパイダーマン大好きw


で、新シリーズの「アメイジング・スパイダーマン」


前3部作は出来が良く(3はいまいちだったけど)大好きで何回も見てしまったせいか、
ピーター・パーカー = トビー・マグワイアというイメージが根付いてしまって、
新しいピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)に感情移入できるかなあ?と心配だったんだけど、

まあこれがなかなか良い感じ。

で、ヒロインがなかなか可愛くてこれも良い感じ。


前3部作の唯一残念な点、というか決定的な欠点が
ヒロインのMJ役の女優がかわいくない事!。

不細工なくせしてあっちの男こっちの男とふらふらして、腹が立ったw
やっぱキャスティング失敗すると命取りだよなあwって思った。


今回は少しシリアス路線になってて暗い感じ?になってるんだけど、原作にはかなり忠実みたい。
スパイダーマンもなんかリアルだし

おなじみの手から出す糸はウェブシューターという腕時計のような機械から出すんだけど、これも原作通り。
てか、こんな機械を自分で手作りしてしまうピーター・パーカーってすごすぎなんだがw
(原作だと、一回死んで脱皮して生まれ変わってから、自前で糸を出せるようになるらしい。)

前作のスパイダーマンは次々に糸を飛ばしながら振り子のようにビルの谷間を飛びかってたけど、
空には何も無いのに、あれっていったいどこに糸を飛ばしてるんだろう?
というちょっとした不思議も、今作ではちょこっとだけリアルになってます。

ベンおじさんやメイおばさん、オズコープ社とかおなじみのキャラも出るんだけど、ベンおじさんが死ぬのは同じなのねw

前作の出来が良かっただけに、あまり期待してなかったんだけど、
これが予想外に面白かった。
かなり楽しめましたね。

でもちょいと前置きが長かったな・・



まだ色々な謎が残されたままで、ラストは続編を伺わせる終わり方だったので、これも3部作ぽいですね。

つか、すでに続編の製作が決まってて、2014年公開予定らしいっす。



こりゃ楽しみだなあ。





8よっち



category: 今日の一本(映画の話)

tb: 0   cm: 0

ふぉろ~み~

カレンダー

プロフィール

最新記事

Comments

カテゴリ

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

2011/11/08~

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。